岡山での透析治療の申請と費用について気をつけるべきこと

サイトマップ

透析

岡山で透析をするときの種類と腎臓移植

注射器と聴診器

透析の方法は、大きく分けて2種類です。血液透析と腹膜透析です。血液透析、血液濾過、血液濾過透析があり、日本の治療では、9割以上が血液透析をしているようですが、患者さんの腎臓の状態を見たうえで治療法が決められます。また、血液透析を始めると普通にしていた生活がガラッと変わります。
例えば、腕にシャントがあるため今まで何となく持っていた物も、シャントを圧迫してしまう恐れがあるので出来なくなります。医師、家族と話合い腎臓移植を希望する場合は、日本臓器移植ネットワークと言うと場所に登録します。腎臓移植が決まってからの手術方法は、お腹に数ヶ所穴を開けて行う腹腔鏡手術が多いようです。お腹を切っての開腹手術と比べると、手術時間も短く合併症の確率も少なくなると言われており、何よりも、手術わ受ける患者さんの負担が大幅に減るようです。
腎臓移植をしたあとは、生活習慣を見直して、規則正しい生活をしなければなりません。病院にも通い、薬の服用も余儀なくされますが、何も問題がなければ、女性は妊娠、出産することも可能になります。一般的に、人口透析は週3回の1回の人口透析時間が役4時間とされているので、長時間の病院へ通う事もなくなるのではないかと思います。

一覧へ

Copyright © 2017 岡山での透析治療の申請と費用について気をつけるべきこと All Rights Reserved.