岡山での透析治療の申請と費用について気をつけるべきこと

サイトマップ

透析

透析をしていても岡山旅行が出来ます

包帯と絆創膏

透析中でも旅行をしたいと思う人はいらっしゃいます。今は国内だけではなく、海外旅行も可能になっています。昔と違い、世界的にビジターによる飛び入りの透析を受け入れてくれる医療機関が増えてきています。また、腎臓病を抱えている患者さんや、透析患者さんで成り立つ会があり、そのネットワークがしっかりしているために、昔よりも、旅行に行くときの連携がスムーズになってきています。
当然、勝手に旅行の計画を立ててはいけません。行きたいときに行けるというものでもなく、担当医と綿密な相談をしたうえで、許可がなければ行けません。腹膜透析なら、急変の時に駆け込む病院をリストアップしておかなければいけませんし、血液透析なら、受け入れてくれる透析施設を探さなければなりません。今はインターネットを使って、旅行先で透析を受け入れてくれる施設を簡単に探し出せます。また、旅行会社も、「透析している」と言えば、その事を含めた旅行のプランを提案してくれるところもあります。また、ホテルや旅館への申し出をすれば、食事制限に合わせた料理を出してくれるところもあります。
透析患者さんは、普段は国による保障や助成を受けていますが、旅行先での透析費用は自己負担となります。昔のように、旅行中の透析で憂鬱になることは少なくなりました。
しっかり準備をして、楽しい旅行にしたいですね。

一覧へ

Copyright © 2017 岡山での透析治療の申請と費用について気をつけるべきこと All Rights Reserved.