岡山での透析治療の申請と費用について気をつけるべきこと

サイトマップ

透析

岡山での透析費用について

腎臓の機能が極めて低くなりますと命にかかることになりますが、それでも透析をすれば永らえることができます。これはどこでやろうと同じです。岡山県でも透析ができる病院はたくさんありますから、それ自体はそこまで心配することはないのです。また、腎機能がなくなることになっても、それこそほぼ機能がなくなってしまう人でも透析をすれば長生きができるのでそれも極端な心配は不要です。
但し、透析をしないと駄目です。しっかりと代用できる方法でやらないと身体に毒が溜まっていき、確実に死に至ることになりますから、透析が必須になります。透析というのは、やり方がいくつかありますが、とにかくろ過をすることがポイントになります。つまりは、身体に溜まっていくことになる毒をフィルターに通してろ過するわけです。そもそもその役割を腎臓がやっていたわけですがそれができなくなったらからこそ、透析をすることになるわけです。そして、この治療ですが結構なお金がかかります。
しかし、それは岡山県でもキチンと助成、補助する制度が運用されています。費用のかりの部分を自治体なり国が持ってくれるような制度になっています。助成制度がありますから、月額で1万円か2万円くらいで済むようになります。もちろん、交通費とか入院をすれば食事などの費用は自分持ちになります。ですがかなり低い金額で抑えることができる治療でもあるのです。岡山県でもこの制度は適用されます。

岡山でも透析治療の申請には時間が掛かります

現在日本では人工透析を受けている患者はおおよそ35万人程いると言われております。岡山でも多くの人が治療を受けています。人口透析を受ける患者の方は、必ず種々の手続きを行う必要が有ります。様々な手続きを行う目的は、現在では高額な治療費の個人負担を少しでも軽減し、少しでも多くの患者が適切な治療を受ける様にする為です。
岡山でも必要な手続きは次の通りです。1、特定疾病療養受療証を申請する。これは人工透析治療を受けた際の治療費がその所得に応じて決められる為で、透析治療開始日の証明が必要になります。この手続きをとにかく速やかに行ってください。2、特定疾病療養受療証交付申請書の準備が出来た所で、病院で証明書をもらい、各保険機関への申請を行う事になります。3、数日後の証明書が届くので病院に提出する。4、透析療法及びこれに伴う医療又は腎移植手術について保険自己負担分について給付されるのが『更生医療』で、この申請を行います。5、末期腎不全患者が血液透析又は、腹膜透析を行う場合には「身体障害者手帳」の申請を行い認定を受けます。6、身体障害者手帳を貰ってからようやく障害者年金の申請が出来る事になります。社会保険事務所で申請後、遅くても3~4か月ほどで支給の決定れます。
いずれにしても申請から最終決定までは、とても長い期間が必要です。岡山でも高額の治療費が掛かりますので、時間が掛かっても確実に最終承認迄進める事が必要です。

岡山で治療を受けたい!透析というのはどの様な行為か

透析というのは、腎臓の代わりに血液を綺麗にすることができる行為になります。そうした治療法のことを透析というのです。
これにはいくつかの種類があり、主に血液透析と腹膜透析に分けることができるようになっています。透析というのは、拡散と限外ろ過原理を用いる治療法であり、これにはいくつかの利点があります。それこそが、透析をする理由なのです。まずは、身体に溜まっていくことになる老廃物を除去することができるのです。
もう一つは、余分な水分も除去することができます。そして、血液が人造が悪いとどうしても酸性に傾くことになりますから、これを弱アルカリ性に戻すことができるようになっています。腎臓が動かないので、どうしてもこうした方法で、身体の中の老廃物、不純物をろ過していかないといけないのです。それが透析という行為になります。ちなみに国による助成がかなりしっかりとしているので、それは心配することはないでしょう。つまりは、岡山でも費用的にはかなり負担が軽くなっている、ということです。
ちなみに岡山でも障害者扱いにもなります。つまりは、障害者として治療を受けることができるようにもなっているのです。ですから、岡山でも治療費に関しては国が大部分を負担します。


岡山で透析をするなら岡山西大寺病院
安全な透析治療が受けられる病院です。

一覧へ

Copyright © 2017 岡山での透析治療の申請と費用について気をつけるべきこと All Rights Reserved.